継子との関わり方

2016年07月14日 17:04

継子とはどういうスタンスで向き合えば良いか・・についてお話ししています☆

継子との関わり方


暑くなってきましたね。青い空のなかにわたあめのような入道雲をみつけては夏を感じています。
皆様いかがお過ごしでしょうか。Rosy渡邊菜美子です。


前回はもし継子を愛せないと悩んだとしてもそれはおかしなことではないとお話ししました。
そっか!全然愛さないでいいんだ!と開き直るのはまたちょっと違うのですが、愛せないことで強く自分を責めることはないですよということなんです。


ではどのように関わっていけばよいのでしょうか。


あなたが今目指しているのはどちらが一番近いでしょうか?


①子どもの母親として

②子どもの近くにいる大人として


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

①母親として と毎日頑張っておられる方が多いと思います。

結婚したんだから母親にならなきゃ・・・と自分を追い詰めていませんか?

それだけ面倒見のいい、情の厚いあなただから継母になることを選んだんです。

それはとても素敵なことです。


しかし、悲しいことに子連れ再婚家庭では、無理に母親になろうとしないほうが、かえってうまくいったりします。


ちょっとだけ、子どもの立場になってみましょう。


ある日、新しいお母さんがうちへやってきました。
以前から何度か会ったり、遊びに行ったりしたことはあったけど、毎日これからずーっと一緒に暮らすのは
まだ想像もつかない状態です。

遊んだときは、とても楽しかったし、優しいお姉さんだったから、楽しみ半分不安半分です。


一緒に暮らすようになって1か月が過ぎました。
初めは気にならなかったけれど、新しいお母さんに最近すごく怒られるような気がします。
食事の作法とか、挨拶とか、片付けとか・・・・

お父さんやおばあちゃんはそんなに怒らなかったので、毎日すごく嫌な気分です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


いかがでしょうか?



母親になろう!とすると、子どもの将来のためを思ってこんな風にしつけ面に多く口を出すことになり、結果こどもとの距離を縮められなくなります。

初期段階で必要なのはしつけではなく、あなたと子どもの絆を深めることです。

目につくとは思いますが、最初はぐっと我慢して、まずはこどもの一番近くにいる大人を目指してみましょう。



継母になる予定の方、子どものいる彼氏とお付き合いされている方、現在継母として頑張っておられる方。
どうぞお問い合わせフォームからお話し聞かせてくださいね。


また、こちらのブログでの相談を無料でお受けしております。
一人で悩んでしまうときは、メールしてみてくださいね。





あなたの明日がバラ色になりますように☆




お問い合わせフォーム

mailto:https://form1.fc2.com/form/?id=19c1ccd3c65cf75b




Rosy 渡邊菜美子