婚姻届けを書く ~彼の子ども編~

2017年05月15日 00:30

彼と結婚をするならば、彼の子どもも受け入れなければなりません。

好きな人ととただ結婚をする・・・だけではすまないという現実としっかり向き合っていますか?


結婚前に出来る限りのことをしておくことで、後々の結婚生活が違ってくるはずです。


ゴールデンウィークも過ぎ、さわやかな風が時折吹いて夏はもうすぐだな・・と感じる今日この頃。。

前回の配信からだいぶ時間が空いてしまい、楽しみにしてくださっていた読者の皆様・・・大変お待たせいたしました。


皆様いかがおすごしでしょうか。


さて、今回は「婚姻届けを書く 彼の子ども編」についてお話しします。


子持ちの彼と結婚することを考えるにあたって、最も重要なことは「彼の子どものこと」ですね。


あなたと子どもの関係は今どのような感じでしょうか。

どのくらいの頻度で会っていますか?

会った時には、どんな風に過ごしていますか?

彼の子どもはあなたのことを何と呼んでいますか?

あなたは彼の子どものことを何と呼んでいますか?


前回までのブログで、彼のご両親編や、あなたのご両親編について配信してきましたが、本当に重要なことは今回の「彼の子ども編」です。


彼のご両親も、あなたのご両親も、大切な存在なので大事にした方が良いという想いは同じなのですが、彼の子どもと決定的に違うことがあります。


それは、彼の子どもはあなたの生活に大きく関わってくるということです。


例えば、彼の両親と同居する場合でも関わりが大きいことはあります。
でも、子どもと大人とでは、関わり方・・・頻度や程度が全く違います。


子どもの年齢にもよりますが、幼い子どもの場合は育てるために手間がかかります。
幼稚園・保育園・小学校・・・どれも保護者のサポートが不可欠ですし、家庭の中でのサポートは山ほどあります。

思春期以降の子どもの場合、手間もかかりますがお金もかかります。

学費・塾・食費・交際費・部活の費用・進学費用・・・幼い子どもの時には必要なかったものも、成長するにつれ必要になってきます。


あなたは、彼の子どものために、どのくらいの手間・暇をかけてあげられそうか考えたことがありますか?


あなたが、いつか彼と自分の子どもが欲しいと思うときもくるでしょう。

その時、彼の子どもに手間も時間もかかることが辛くなることもあるでしょう。


それでも、あなたは彼の子どもも含めて、彼と一緒になることを選べますか?


【答えが「YES」だったあなたへ】

それでは、その結婚がうまくいくために守ってほしいことがあります。


「彼の子どもがあなた方の結婚を祝福できる環境を整えてあげる」

ということです。


彼の子どもに反対されたまま結婚するのはオススメできません。


場合によっては、仕方のないこともあるとは思いますが、出来る限りのことをして、結婚生活をスタートさせたほうが、後々の生活が違ってくると思います。


さて、今日はここまで。

次回は「彼の子どもがあなた方の結婚を祝福できる環境を整える」についてお話しします。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【編集後記】

只今メルマガ配信中☆

メルマガでは編集後記がお読みいただけます。


●メルマガ登録用アドレス
   0001676399@mobile.mag2.com

●メルマガ解除用アドレス
   0001676399@mobile.mag2.com


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


継母が母親業をやっていくことは、簡単ではありませんが、周りのサポートが
あれば、笑顔も増えるはずです♪


継母が愚痴を言うと「分かっていたことだろう」「子どもがかわいそう」などと、継母の感情には寄り添ってもらえない言葉が返ってくることが多く、本気で誰かに悩みを打ち明けるのが怖くなっていくことがあります。


もしも、あなたが悩んでいるなら、カウンセリングRosyがじっくりお話しを伺います。

こころのもやもやを吐き出して、すっきりしてみませんか?



遠慮なくお問い合わせくださいね(*^-^*)
(実際のカウンセリングがスタートするまでのお問い合わせのメール・お電話(通話料はかかります)は無料です)



メルマガのご感想・テーマの要望(とても嬉しいです☆)


以下のお問い合わせフォームからメールくだされば、
当日~3日以内にお返事いたします☆


【お問い合わせフォーム】

https://form1.fc2.com/form/?id=19c1ccd3c65cf75b


【お問い合わせTEL】

 070-7580-4116

(受付 10:00-13:00 定休日 日・祝)
※カウンセリング中はお電話に出ることができませんので、改めておかけ直しいただけると幸いです



      ☆プロフィール☆

   20代で子持ちの彼と結婚
        ↓
継母には想像していた以上の苦悩があることを知る
        ↓
   その後二人の実子を出産
        ↓
  平等に育てることを心がけながらも
継子と実子の子育てに違いを感じる自分を責める
         ↓
試行錯誤しながら少しずつ落ち着いてきたころ
  カウンセリングという仕事に出会う
        ↓
自分と同じ悩みを持つ継母さんのサポートができたら
  ・・・とカウンセリング業を開始
        ↓
   現在30代のカウンセラー



一人で悩まないで
誰にも言えないで我慢してしまわないで

少しだけでもあなたの心が軽くなるよう
お話し聞かせてくださいね(*^-^*)

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

メールカウンセリング Rosy HP 
https://m.rosy32.webnode.jp


Rosy(ロージー) 渡邊菜美子